医療経営を医療コンサルタントがサポートします。

  1. HOME
  2. › 収益改善

収益改善を多角的視点から実現!

収益改善の手法は、単純にいうと売上げを上げるか経費を節減するかということになりますが、地域における役割・ニーズなどの市場分析に基づく中長期の経営方針に沿って、何をどう変更していくのかが大切になります。

さらに、収益改善に結びつく項目のなかで、経営数値に影響を及ぼすインパクトの大きいものから優先順位をつけ、実施していかなければなりません。そのためには、多角的な視点と分析力が必要となります。

まずは、基本的な内部体制の調査から
基本的な院内体制の調査で大きな収益改善 市場調査、経営計画などと言いますと、「時間・労力・コスト」がかかって大変だと思われることでしょう。確かに、そのとおりです。ですから、私どもでは、まず基本的業務体制のチェック・見直しをお勧めしております。「入院患者は増えている割には、売上・利益が上がっていないのは、なぜ?」「薬品・材料仕入れが年々増えているが、売上げにつながっているのか?」など、経営数値に様々疑問を持ちながら、有効な調査方法がわからないままにうやむやになったというご経験はございませんか?
そのような疑問に対して、基本的業務体制をチェックすることで大きな収益改善効果を生むことが数多くあります。それを原資に本格的な収益改善のための改革につなげることも可能になります。
内部体制総合診断 63万円(税込)~
収益改善を格安で 財務分析によって経営数値の異常値を発見。さらに、各部署の現場の業務監査を行い、不正防止体制や未収金の管理体制から診療報酬請求漏れのチェックまでを行い、内部統制体制を外部機関として厳しくチェックします。
経営数値に疑問を持っていても、なかなか調査しづらいもの。外部の目で客観的に調査を行うことで、内部では調査しづらい項目も含めて管理体制を点検することが出来ます。
  • ・直近3期の決算書類の財務分析
  • ・同規模同タイプ他病院の財務諸表と比較、ベンチマーク
  • ・窓口会計の不正チェック
  • ・保険請求精度調査(外来・入院)
  • ・外来・入院未収金の管理体制チェック
  • ・その他自賠責等の請求・未収管理体制のチェック
  • ・薬剤・材料在庫の管理体制のチェック
  • ・横領・盗難等に対する内部統制体制のチェック
  • ・経営管理体制の総合的チェック
詳しい内容・料金については、こちらのパンフレット(PDFファイル)をご覧ください。
豊富な収益改善実績
医療経営のプロがフルサポート 入院だけで年2800万の請求漏れや、薬品・材料で1200万の使用ロスが発見され、現在院内で対策委員会を設けて改善中(70床未満 ケアミックス)。
経費節減提案で年1000万以上のキャッシュフロー改善(50床未満 一般)

予算に合わせてご相談に乗ります。お気軽にお問い合わせください。

関連グループサイト

ビジネススクウェア本社

運営: 有限会社ビジネススクウェア
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4-2-10
大阪市営地下鉄「本町駅」
御堂筋線、中央線15番出口 西へ徒歩1分
四ツ橋線21番出口 東へ徒歩3分

このページのトップへ