医院の増患・集患対策を医療コンサルタントがサポートします。

  1. HOME
  2. › 増患・集患対策

増患・集患対策は、大きく分けて2種類

来院患者を増やし、売上を伸ばすための方法は、大きく分けて2種類あります。ひとつは、介護施設や高齢者住宅などとの連携や企画運営をして、仕組みとして患者を増やす方法。もうひとつは、地域の医療機関として認知度をあげ、地道なファン作りによって患者を増やしていく方法です。
ここでは、誰にでも取り組める地道な増患・集患対策をご紹介します。

まずは、地域での認知度アップ
認知度アップへホームページ制作 とにかく、まずは地域の患者に医院を認知してもらわないと話になりません。
各種広告媒体を使った広告や、自治会・老人会への健康教室や講演活動などといった方法もありますが、もっとも費用対効果が高いのは、ホームページやブログなどの活用です。ホームページをメインに、駅看板や広告などを補助的に組み合わせることで、認知度向上を図ります。
ホームページは、24時間365日働いてくれる営業マンであり、広告では伝えられないような先生の想いや治療内容を思う存分アピールできるツールなのです。今や病院は、インターネットで検索して検討してから来院する時代です。上手に活用することで、新患の2割~3割がホームページからの来院という実績も増えてきております。
ホームページの制作費157,500円 年間維持費84,000円。
医院ホームページ制作
地道だが確実な増患対策 ファンづくり
ファン作りと口コミで増患 地域の方々に認知してもらえたら、次は何をもって数ある医院の中から選んでもらえるようにするのか?それは、地道なファン作りに他なりません。
では、どうすればファンを増やせるのでしょうか?それは、サービス業として当たり前のことができていることに加えてプラスアルファがあるかどうかです。これはどのサービス業においても同じことですが、医療業において実践されているところは、まだまだ少ないと言わざるを得ません。
当たり前のこととは、以下のような項目です。
  • ・心地よい接遇マナー
  • ・安心・信頼感
  • ・清潔・きれい
  • ・設備が整っている
  • ・待合室のアメニティ
これらが普通にきちんとできているだけでも、今の医療業界では勝ち組となれるでしょう。これにプラスアルファがつけば、間違いなく地域で一番の医療機関となれるはずです。
接遇研修

関連グループサイト

ビジネススクウェア本社

運営: 有限会社ビジネススクウェア
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4-2-10
大阪市営地下鉄「本町駅」
御堂筋線、中央線15番出口 西へ徒歩1分
四ツ橋線21番出口 東へ徒歩3分

このページのトップへ